ファックスのとてもとてもリアルに便利な使い方

By: Antoine Bertier

“FX”はファックス専用用紙ではないと使えないと思い込んでいる人がいるようですけれど全然そんな事はありません。ファックス専用の用紙があれば売れるのでファックス専用の用紙が市販されているだけで普通のプリンタの印刷用紙のほうが安いし、普通の印刷用紙で全然問題がありません。

良く間違える事がありますが民家の場合は電話回線が1本の事が多くて、電話番号とファックス番号は基本的に同じですが相手が職場の場合は電話番号が複数存在する場合もあり、ファックス番号と電話番号は独立している場合が多いです。

なぜ独立している場合が多いかというとファックスしようと思って間違えて電話をかけるというミスを防止するという意味もあります。企業に時々存在するタイプのFXでコピー機とファックスが同じ装置になっている場合があります。

どのような場合かというと1つのオフィスに複数の団体が入っていて、複数の事務所を持っている場合です。でもそういう場合はファックスとコピーが同時に行われない仕組みになっている場合もあり、数字を入力するのではなく、ボタン1つで送信先を入力するようになっている、場合も多いです。

最近は親子で同居している家庭はファックスがある家庭のほうが多いですが高齢者だけで住んでいる家庭はファックスのない家庭が多いです。

最近のファックスはファックスを使った事がない人も説明書を見れば出来るように液晶モニターと音声ガイドで説明していて、高齢者や小学生でも内容の理解には困りません。

1つ自分も間違えた事があるけど受信側のふたと送信側のふたがあり、受信側のふたにファックス用紙を入れるとどうしてもファックスを送信できない事が特徴です

送信側のふたを開けて送信側のトレイにセットすればファックスがやり方をうまく説明して下るため、トレイにセットするまでは良く間違えやすいですがセットした後は基本的には全く迷いません。購入するのにあまり躊躇はいらないのです。