FX自動売買を利用することのメリットはどこにある?

FX自動売買はFX取引の場に参加する人の多くが採用するトレードの方法となりました。

しかしながらFX自動売買が市場の主流になっているというようなことは無く、むしろ現在でもそれぞれの個人の主観的な判断による取引の方が多く行われているということは事実です。

そうした主観的な判断をしている人からすると「わざわざシステムを導入してFX自動売買に移る必要性がわからない」というような意見もよく見られます。ではそもそもFX自動売買を導入することのメリットはどこにあるのでしょうか。

まずメリットとして大きな物になるのが「データを見たシステム的な判断で取引を進めることができる」ということです。人間は常に感情を持っており、その感情によって判断をさまざまに変えます。

好きな食べ物を食べたいと思ったり、嫌いな人の近くには寄りたくないというのは当然のことです。しかしこの感情という要素は同時に、FXにおいても「この通貨はもっと上がる気がする」というような根拠のない思考に繋がるリスクもはらんでいます。特に問題になるのが損切り判断の遅れが生じることです。

自分が持っている通貨が予想とは逆の動きを見せた時、その取引は早期に切り上げて損が少ない段階で完了させるのが賢い方法です。その後で利益が出るまで持ち直したとしても、それは結果論でしかありません。そうした判断に関して感情を介入させず、システム的に処理できるということは非常に大きなメリットです。

加えて相場の変化に応じて自動で取引を進行させるという特性上、「自分で全ての取引を監視する必要が無い」ということもメリットになるでしょう。これは特に複数のポジションを持っていたり、複数の通貨で取引をしているというような際に便利なポイントです。

外出中であってもシステムさえ動いていれば自動で取引が進むわけですから、四六時中チャートをにらみ続ける必要がありません。FX自動売買はこのように、より冷静に、より確実かつスマートな取引がしたいと考える人にとって非常に大きなメリットを持っているのです。