FX自動売買のメリットとデメリット

株取引やFX取引ではチャートを使用して分析をしていきますが、このチャートにはインジケータを表示させることができます。このインジケータは様々あり、一般的なものだと過去の任意の日数の価格を平均化してラインとして表示される移動平均線などがあります。

これらの様々なインジケータを利用してシステムを構築することをFX自動売買と呼びます。これは全てを数値化していき、感情や期待感を排除してトレードをすることで、誰でも同じ結果を得られるようにしたシステムになります。

このFX自動売買とは反対に、チャートを相場観で判断していきトレードをする裁量トレードがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

FX自動売買は全てを数値化することができますので、初心者の方であっても手法を覚えてしまえば、それが当てはまるときにだけトレードをすることができて、誰が行ってもほぼ同じ結果を得ることができるメリットがあります。

また数値化することができますので、プログラミングが行える方であれば、自動売買を作成して起動させれば利益を上げることも可能となります。

しかし相場は経済状況も影響を受けており、また突発的なニュースによっても大きく変動をすることがあります。そのような場合には利益を上げることができなくなったり、損失を出してしまうこともあるデメリットがあります。

その点では裁量トレードを行うことで、回避したりイレギュラーな相場であっても臨機応変に対応することで利益を上げることも出来るようになります。

しかし裁量は長年の経験や学習によって習得することができますので、初心者の方には難しく、また勝てている方に教わったとしても、同じことができるとは限らないといったデメリットがあります。

利益を上げている方の多くは、しっかりとしたシステムがありながら、臨機応変に裁量も加えてトレードをする方が多く、例えば「システム的にはすべての条件を満たして上昇すると言っているが、経済的には上昇する理由がないから見送る」といったことをしています。