FX自動売買のポートフォリオ

FX自動売買を行う際には、単一のシステムを用いることもありますが、複数のシステムを併用することもあります。

単一のシステムに大きな資金を投入すると、当たったときには大きな利益を得ることができまずが、はずれたときには大損する可能性があります。しかしながら、複数のシステムを用いていた場合、一つのシステムのパフォーマンスが悪かったとしても、別のシステムが高い利益を上げると言ったこともあり得るでしょう。

このようなことがありますから、複数のシステムを持っておくのは良い方法だと考えられます。

FX自動売買で複数のポジションを持つ場合に注意しなければならないのが、その種類です。全く同じシステムを複数持ったとしても、FX自動売買全体としてのパフォーマンスは上がらないでしょう。異なる戦略に基づいたシステムを持つことが必要となります。

たとえば、FX自動売買ではトレンドフォローが基本となりますからトレンドフォローを持つシステムを採用することは多いでしょう。トレンドフォローを持つシステムばかりを搭載したとしても、もしもトレンドが転換した場合には大損する可能性があります。トレンドフォロー戦略をしようと思った場合でも、用いるテクニカル指標の異なるものを採用するというのは良い方法でしょう。

また、逆張りのシステムをいくつか組み合わせるのも良い方法です。様々な方法がありますが、偏らないようにすることは最も大事なことだと考えられます。

その割合を決めるのがポートフォリオです。システムの種類を選び、それぞれに投じる資金の割合を決めます。そのうえで個別のシステムを選んでいくというのが基本です。

先にシステムの種類とその割合を決めておくことによって、システム全体が偏ってしまうという事態を防ぐことができます。単一で取引をするよりもパフォーマンスが低下することもありますが、リスク分散の効果は十分に期待できます。