FX自動売買の進歩について

FX自動売買というと、ここ最近になって突然現れた取引戦略だと考える人もいるようですが、実はそうではありません。かなり古くからあります。それにもかかわらず、メジャーな取引ではありませんでした。その理由は計算のハードルが高かったからです。FX自動売買では様々な要因を元にして取引ルールを定めます。

たとえばテクニカル指標を用いたFX自動売買は、ここ最近ではかなりメジャーなものとなってきていると言えるでしょう。それができるようになったのはコンピュータが進歩したからです。

当初は人間が計算をするという方法がとられていました。テクニカル指標を自分で計算した人は少ないでしょう。やってみるとかなり面倒なことに気がつくはずです。電卓だけでやれと言われると、おそらくほとんどの人はやめたいと思うのではないでしょうか。

それをたくさんの銘柄について行って投資する対象を決めるということが行われていたのですが、これには膨大な計算が必要で、そのためには多くの人材を確保しなければなりませんでしたから、相当な規模を持っているファンドにしかできなかったのです。

現在のところ、テクニカル指標を自分で計算する人はいないでしょう。コンピュータが自動的に表示してくれますから、非常に簡単になりました。そのために、多くの人がFX自動売買を行うことができるようになったと考えられます。

最近では、証券会社やFX取引会社に口座を開設すれば、無料で利用できるものも多くあります。このようなサービスを利用すれば、誰でもFX自動売買を実践できるようになったのです。

このようにしてFX自動売買はコンピュータの普及とともに一般大衆化してきたと言えるでしょう。かつては一部のプロにしか用いることのできない手法でしたが、現在は誰でも利用できる投資手法となりつつあります。ただ、適切な方法を選ばないと、損をすることもあるという点には注意しなければなりません。