FX自動売買の雄 ラリーウィリアムズ

FX自動売買は、相場のテクニカル分析などによって得られた情報から売買の指示を得て、手動または自動で機械的に注文を出すトレード方法をいいます。大切なのは、テクニカル分析という事になりますが、この分野での天才の一人がラリーウィリアムズです。FX自動売買を始める上で知っておきたい一人でしょう。

彼が一躍有名になったのは、1987年のロビンズワールドカップチャンピオンシップで100倍を超えるリーターンをたたき出して優勝した実績からです。

ロビンズワールドカップチャンピオンシップは自己資金で行うリアルタイムマネーコンテストで、彼は、この大会で独特なテクニカル分析を駆使したFX自動売買で素晴らしい成績を残したことから、世界中に知られるようになりました。そして、未だにこの時の彼の記録は破られていません。

彼のテクニカル分析で有名なのは、ウィリアムズ%Rというオシレーター系(振動系)のチャートです。計算方法は、(過去何日間の最高値-当日終値)/(過去何日間の最高値-過去何日間の最安値)の100倍です。彼は、このようなテクニカル分析による投資方法をいくつも考案して、商品先物や株式の世界で50年以上利益を上げ続けてきました。

ラリーウィリアムズのトレードに関する書籍がいくつか出版されています。その中に短期売買法について書かれた本があります。やはり長期投資にはある程度まとまった余裕のあるお金が必要となりますので、これから相場に関わろうとする主に若い人には、短期売買は魅力があります。そして、短期売買こそFX自動売買が生きてきます。

この本の中では、相場の動く構造的なものから相場を支配している周期の解説から、FX自動売買の肝となるポジションを建ててから決済するまでのタイミングのとり方、及び利益のでているポジションを我慢して持ち続ける手法などが書かれています。

また、相場は時代とともに変質しているという事やそれに対処するためには何をすべきなのかという長期的な話題にもふれています。FX自動売買で使うテクニカル分析は、同じものでも時代とともに見方を変えて行かなければならないという話です。

FX自動売買を利用することのメリットはどこにある?

FX自動売買はFX取引の場に参加する人の多くが採用するトレードの方法となりました。

しかしながらFX自動売買が市場の主流になっているというようなことは無く、むしろ現在でもそれぞれの個人の主観的な判断による取引の方が多く行われているということは事実です。

そうした主観的な判断をしている人からすると「わざわざシステムを導入してFX自動売買に移る必要性がわからない」というような意見もよく見られます。ではそもそもFX自動売買を導入することのメリットはどこにあるのでしょうか。

まずメリットとして大きな物になるのが「データを見たシステム的な判断で取引を進めることができる」ということです。人間は常に感情を持っており、その感情によって判断をさまざまに変えます。

好きな食べ物を食べたいと思ったり、嫌いな人の近くには寄りたくないというのは当然のことです。しかしこの感情という要素は同時に、FXにおいても「この通貨はもっと上がる気がする」というような根拠のない思考に繋がるリスクもはらんでいます。特に問題になるのが損切り判断の遅れが生じることです。

自分が持っている通貨が予想とは逆の動きを見せた時、その取引は早期に切り上げて損が少ない段階で完了させるのが賢い方法です。その後で利益が出るまで持ち直したとしても、それは結果論でしかありません。そうした判断に関して感情を介入させず、システム的に処理できるということは非常に大きなメリットです。

加えて相場の変化に応じて自動で取引を進行させるという特性上、「自分で全ての取引を監視する必要が無い」ということもメリットになるでしょう。これは特に複数のポジションを持っていたり、複数の通貨で取引をしているというような際に便利なポイントです。

外出中であってもシステムさえ動いていれば自動で取引が進むわけですから、四六時中チャートをにらみ続ける必要がありません。FX自動売買はこのように、より冷静に、より確実かつスマートな取引がしたいと考える人にとって非常に大きなメリットを持っているのです。

FX自動売買では感情が邪魔しない

FX自動売買では感情が邪魔しないというメリットがあります。相場において勘定というのは少し邪魔になることがあります。

たとえば、順調に利益を拡大していたとしても、そろそろトレンドが転換するの柄はないかという恐怖を感じることもあります。そのために、利益の拡大ができずに、小さい利益で甘んじなければならないこともあります。

トレーディングでは全戦全勝というわけにはいきません。損失を発生させることもあります。損失を発生させても、トータルで勝てば良いわけです。そのためには、予想が当たって利益が発生したときには、その利益をできるだけ拡大するという姿勢が必要となります。

しかし、利益が発生するとさっさと利食ってしまいたいと考えてしまうことが多く、そのためにトータルで負けてしまうこともあります。それとは逆で、損失が発生していたとしても、いずれ回復するという期待を持ってしまうことがあります。

損失が発生していて明らかに下落トレンドが形成されていたとしても、いずれ回復するだろうという楽観的な分析によって損切りができず、損失を拡大させてしまうと言ったこともあり得ることなのです。

損切りはリスク管理を行うための裁量の手法と言われることが多いです。それだけ重要にもかかわらず、感情が左右して損切りができなくなり、その結果として大きな損失を発生させてしまうことがあります。これも相場ではできるだけ避けなければならないことも一つです。

常に冷静に相場に挑まなければならないのですが、それを考えればFX自動売買は非常に優れたものだと言えるでしょう。

FX自動売買ではコンピュータが自動的に売買サインを出しますから、勘定とは関係なく取引ができます。相場を全く見なくても取引ができるというメリットがあるのです。何となくという感情で取引をすることによって大損するといった最悪の事態を回避できるために、初心者にも適した方法だと言えるでしょう。

FX自動売買のメリットとデメリット

株取引やFX取引ではチャートを使用して分析をしていきますが、このチャートにはインジケータを表示させることができます。このインジケータは様々あり、一般的なものだと過去の任意の日数の価格を平均化してラインとして表示される移動平均線などがあります。

これらの様々なインジケータを利用してシステムを構築することをFX自動売買と呼びます。これは全てを数値化していき、感情や期待感を排除してトレードをすることで、誰でも同じ結果を得られるようにしたシステムになります。

このFX自動売買とは反対に、チャートを相場観で判断していきトレードをする裁量トレードがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

FX自動売買は全てを数値化することができますので、初心者の方であっても手法を覚えてしまえば、それが当てはまるときにだけトレードをすることができて、誰が行ってもほぼ同じ結果を得ることができるメリットがあります。

また数値化することができますので、プログラミングが行える方であれば、自動売買を作成して起動させれば利益を上げることも可能となります。

しかし相場は経済状況も影響を受けており、また突発的なニュースによっても大きく変動をすることがあります。そのような場合には利益を上げることができなくなったり、損失を出してしまうこともあるデメリットがあります。

その点では裁量トレードを行うことで、回避したりイレギュラーな相場であっても臨機応変に対応することで利益を上げることも出来るようになります。

しかし裁量は長年の経験や学習によって習得することができますので、初心者の方には難しく、また勝てている方に教わったとしても、同じことができるとは限らないといったデメリットがあります。

利益を上げている方の多くは、しっかりとしたシステムがありながら、臨機応変に裁量も加えてトレードをする方が多く、例えば「システム的にはすべての条件を満たして上昇すると言っているが、経済的には上昇する理由がないから見送る」といったことをしています。

FX自動売買のポートフォリオ

FX自動売買を行う際には、単一のシステムを用いることもありますが、複数のシステムを併用することもあります。

単一のシステムに大きな資金を投入すると、当たったときには大きな利益を得ることができまずが、はずれたときには大損する可能性があります。しかしながら、複数のシステムを用いていた場合、一つのシステムのパフォーマンスが悪かったとしても、別のシステムが高い利益を上げると言ったこともあり得るでしょう。

このようなことがありますから、複数のシステムを持っておくのは良い方法だと考えられます。

FX自動売買で複数のポジションを持つ場合に注意しなければならないのが、その種類です。全く同じシステムを複数持ったとしても、FX自動売買全体としてのパフォーマンスは上がらないでしょう。異なる戦略に基づいたシステムを持つことが必要となります。

たとえば、FX自動売買ではトレンドフォローが基本となりますからトレンドフォローを持つシステムを採用することは多いでしょう。トレンドフォローを持つシステムばかりを搭載したとしても、もしもトレンドが転換した場合には大損する可能性があります。トレンドフォロー戦略をしようと思った場合でも、用いるテクニカル指標の異なるものを採用するというのは良い方法でしょう。

また、逆張りのシステムをいくつか組み合わせるのも良い方法です。様々な方法がありますが、偏らないようにすることは最も大事なことだと考えられます。

その割合を決めるのがポートフォリオです。システムの種類を選び、それぞれに投じる資金の割合を決めます。そのうえで個別のシステムを選んでいくというのが基本です。

先にシステムの種類とその割合を決めておくことによって、システム全体が偏ってしまうという事態を防ぐことができます。単一で取引をするよりもパフォーマンスが低下することもありますが、リスク分散の効果は十分に期待できます。

FX自動売買のリスクを軽減させるロング・ショート

By: Paul

FX自動売買は完璧な投資手法ではありません。コンピュータが計算をしたとしても、そのアルゴリズムが誤っていれば利益を得ることはできないでしょう。常にリスクはあると考えておくことが必要で、それとともにリスクを抑えていくことも必要です。リスクを抑えるための手法は様々なものがありますが、その中で確立されたものとしてロング・ショート戦略があります。

ロングとは買うことを意味し、ショートとは売ることを意味します。つまり、買いと売りとを組み合わせることによってリスクを抑える方法を指します。様々な指標を見ると割高なものや割安なものを容易に見つけることができるでしょう。

たとえばPBRが1倍に近いものは割安だと判断されます。PERが40倍くらいになるとかなり割高だと考えられます。割安なものを買って割高なものを売ることによって、それが修正されれば利益を得られるというメリットがあります。

FX自動売買でロング・ショートを行うメリットの一つが相場の影響を受けにくいことです。どれだけ業績の優れた企業があったとしても、インデックスが下げているときには下げる傾向があります。相場全体の流れに沿っていくというのはすべての銘柄について言えることです。

しかし、ロング・ショートを用いれば、それを相殺できます。相場の感応度なども考慮しなければなりませんから少し大変なのですが、たとえばインデックスが上げているときには買った銘柄は利益を生み出すますし、売った銘柄は損失を発生させる可能性が高くなります。

この利益と損失を相殺させられるという特徴があります。インデックスからどれだけ乖離しているのかを統計的に見ていけばわかりやすいです。

ただ、FX自動売買では膨大な計算をするよりも、いろいろな指標を見てすぐに判断する方が適していると考えられます。特に短期売買では膨大な計算は難しいでしょうから、株価指標などを参考にして割安銘柄と割高銘柄とを見つけるのが妥当な方法です。

FX自動売買の進歩について

FX自動売買というと、ここ最近になって突然現れた取引戦略だと考える人もいるようですが、実はそうではありません。かなり古くからあります。それにもかかわらず、メジャーな取引ではありませんでした。その理由は計算のハードルが高かったからです。FX自動売買では様々な要因を元にして取引ルールを定めます。

たとえばテクニカル指標を用いたFX自動売買は、ここ最近ではかなりメジャーなものとなってきていると言えるでしょう。それができるようになったのはコンピュータが進歩したからです。

当初は人間が計算をするという方法がとられていました。テクニカル指標を自分で計算した人は少ないでしょう。やってみるとかなり面倒なことに気がつくはずです。電卓だけでやれと言われると、おそらくほとんどの人はやめたいと思うのではないでしょうか。

それをたくさんの銘柄について行って投資する対象を決めるということが行われていたのですが、これには膨大な計算が必要で、そのためには多くの人材を確保しなければなりませんでしたから、相当な規模を持っているファンドにしかできなかったのです。

現在のところ、テクニカル指標を自分で計算する人はいないでしょう。コンピュータが自動的に表示してくれますから、非常に簡単になりました。そのために、多くの人がFX自動売買を行うことができるようになったと考えられます。

最近では、証券会社やFX取引会社に口座を開設すれば、無料で利用できるものも多くあります。このようなサービスを利用すれば、誰でもFX自動売買を実践できるようになったのです。

このようにしてFX自動売買はコンピュータの普及とともに一般大衆化してきたと言えるでしょう。かつては一部のプロにしか用いることのできない手法でしたが、現在は誰でも利用できる投資手法となりつつあります。ただ、適切な方法を選ばないと、損をすることもあるという点には注意しなければなりません。

FXやるにはどんな知識をつけるべきかなのか?

By: Rui Ornelas

少し前から名前を聞くようになったFX。今ではNISAやIPOなどよ聞く単語だと思います!普段何気なく暮らしてる人たちも1回は株や経済に関することやってみたいと思ったことある人は多いと思います!ですが、聞き慣れない英文字だったり、漢字ばっかりっていうものをみて断念する人は、多いはずです!

確かに、専門用語も多くFXのやり方だけ知ってもできません。結局は、経済のことであったりと、とにかく勉強しなければ利益出していくことは、とても厳しいです。

実際やってみるのが早いです。メールアドレスを登録するだけで、本格的なバーチャルができる証券会社などもありますのでやってみてわからないことがでてくるたびに調べてみるのが早いです。

勉強してからやるのとやりながら勉強するのでは理解できる速さが全然違います!今では少ない資金からでも、会社によって異なりますが保証金¥5000からでもできるとこもあります。保証金さえあればレバレッジとゆうものができ、最大25倍まで増やせます!

しかし、少ない資金だと利益を増やすのはすごく地味な作業になってきます。かといってレバレッジしてしまうと少ない資金がなくなりかねないです。結局のところ資金はできるだけ多くほしいとこです。

初心者であれば、情報収集は無料であることが大事です。世界の経済情勢や為替の流れなど、大きな流れをつかむ程度であれば、ニュース番組や通信社が提供する情報で十分ことが足りると思います。

fxでの収入は、年にサラリーマンは20万以上、給与所得がない人は38万以上ある場合確定申告をし税金を払わないといけません。それ以下でしたらいいのですが、程よい稼ぎ具合で税金を払ってしまうと、税金対策がしにくにもFX特徴で、領収としてとっておりるもにがとても少ないです。

ある程度収入が上がってくるようでしたら、税金など支払うものが多くなりますが、法人化することをオススメします!まだ、ネット収入する人は少ないので副業としてでも、増えていけばもっと面白くいいものになっていくと思います。

ファックスのとてもとてもリアルに便利な使い方

By: Antoine Bertier

“FX”はファックス専用用紙ではないと使えないと思い込んでいる人がいるようですけれど全然そんな事はありません。ファックス専用の用紙があれば売れるのでファックス専用の用紙が市販されているだけで普通のプリンタの印刷用紙のほうが安いし、普通の印刷用紙で全然問題がありません。

良く間違える事がありますが民家の場合は電話回線が1本の事が多くて、電話番号とファックス番号は基本的に同じですが相手が職場の場合は電話番号が複数存在する場合もあり、ファックス番号と電話番号は独立している場合が多いです。

なぜ独立している場合が多いかというとファックスしようと思って間違えて電話をかけるというミスを防止するという意味もあります。企業に時々存在するタイプのFXでコピー機とファックスが同じ装置になっている場合があります。

どのような場合かというと1つのオフィスに複数の団体が入っていて、複数の事務所を持っている場合です。でもそういう場合はファックスとコピーが同時に行われない仕組みになっている場合もあり、数字を入力するのではなく、ボタン1つで送信先を入力するようになっている、場合も多いです。

最近は親子で同居している家庭はファックスがある家庭のほうが多いですが高齢者だけで住んでいる家庭はファックスのない家庭が多いです。

最近のファックスはファックスを使った事がない人も説明書を見れば出来るように液晶モニターと音声ガイドで説明していて、高齢者や小学生でも内容の理解には困りません。

1つ自分も間違えた事があるけど受信側のふたと送信側のふたがあり、受信側のふたにファックス用紙を入れるとどうしてもファックスを送信できない事が特徴です

送信側のふたを開けて送信側のトレイにセットすればファックスがやり方をうまく説明して下るため、トレイにセットするまでは良く間違えやすいですがセットした後は基本的には全く迷いません。購入するのにあまり躊躇はいらないのです。

株より簡単で手軽に始められる、FXの魅力について

By: Derek Jensen

最近よく耳にするようになってきた「FX」。しかし、言葉は聞いたことはあるけれど、一体どんな仕組みなのか、とお考えの方も少なくないのではないでしょうか。FXとは簡単に言うと、外国為替のことです。例えば、日本円とアメリカドルなど、2国間の通貨交換のことです。

ニュースなどで毎日為替レートの発表があると思いますが、外国通貨と日本円の間では常に為替が変動しています。今日は1ドルが105円、しかし日にちが経つと1ドル95円になっている。またまた日にちが経つと、1ドル85円になっている、などということです。海外旅行に行かれる方は、「円安」「円高」という言葉も意識されるのではないでしょうか。

例えばグアムなどに旅行に行って買い物をするとき、1ドルが日本円で105円の時に買い物をするより、1ドル85円の時に買い物をする方が、同じ1ドルでも日本円に直すとかなりお得にお買いものできますよね。FXとは、外国通貨を売買してその差益を狙う取引のことです。

1ドル85円の時にドルを安く買い取り、1ドル105円の時にドルを高く売るのです。株の通貨版といった感じでしょうか。日本円、アメリカドル、ユーロなど、為替の動きを追ったり予測をするので、株より難しくないところがポイントです。

また、FXの魅力は少額からトレードをスタートすることができます。初めてチャレンジする場合は、金額が大きいと手が出しにくいですよね。その点、FXは少額取引が可能なので、スタートのチャレンジハードルを下げてくれます。

ローリスクローリターンですが、慣れてくるまで安心してチャレンジすることが可能です。株の投資よりチャレンジがしやすいのです。

また、株式市場が開いている時間は平日の9時から15時までです。相場が動いているときのトレードは、仕事をしながらだと難しい時間帯になってしまいます。しかし、FXのトレードは平日の24時間いつでも可能です。最近ではスマホでも簡単にトレードができる会社も増えているので、いつでもどこでもFXのチェックが可能です。